柄の大きさで印象ががらりと変わるレオパード

柄の大きさで印象ががらりと変わるレオパード

レオパードは全体にヒョウ柄が隙間がない感じで埋め尽くされています。密度が濃いといいましょうか。レオパード柄が生み出す緊張感というのは、そういう圧迫感も多少影響があるようです。

 

実際、ヒョウの1つ1つの柄に隙間を空けると印象は大きく違ってきます。隙間が大きく開いていると、レオパードというより葉っぱや小花模様に見えてきます。優しい印象に変化します。

 

そして、柄1つ1つの大きさが小さい方が、緊張感も少なくなります。柄が小さくなると水玉のように見えるため、スパイシーな感じをすこし軽減させることができるのです。

 

部分的に使うというのも、レオパード初心者にはおすすめの方法です。襟のファーや帽子、靴、バッグ、ベルトなど、最初は小物でレオパード柄を楽しむことから始めてみませんか。ストールもおすすめです。

 

色違い、大きさ、密度、素材、パーツ。これを意識すればレオパード柄も怖くありません。さ、あなたもチャレンジ!